茹でカニについて

家族が集まる季節になってくると、カニ通販でカニをお取り寄せするというご家庭もあるのではないでしょうか。やはり、みんなで食卓を囲む場合には、普段とは違う様な特別な物があると、嬉しいですよね。はじめて、これからカニを注文しようと考えている方もいると思います。そんな方は、インターネットでチェックしていると「ゆでガニって、どんな状態で届くのだろう?」と不思議に思っている方もいると思います。

 

では、カニ通販などで販売されている、ゆでガニについてご紹介しましょう。ゆでガニは、各業者によって美味しいままお客さんに届けられるように行われている方法。海から揚がったばかりのカニを、活きた状態でそのままゆで、それをすぐに冷凍しています。そのため、採れたてのカニの美味しさを、自宅にいながら楽しむことが出来ます。「冷凍したカニは、どうやって食べるの?」と思われる方もいるでしょう。実際にカニを注文すると、冷凍した状態で届けられることになります。食べる際には、自然解凍を行い食べることになります。家族が集まるのは、数週間後という場合には、それまでは冷凍保存を行い、食べる日の前日あたりから、冷蔵庫で自然解凍をすることで、当日は美味しく食べることが出来ますよ。

 

このように、カニ通販などで販売されているゆでガニなどは、一度ゆでた状態を、冷凍され届けられることになります。届いてからすぐに食べたいという方は、そのまま自然解凍を行えば、すぐに楽しむことが出来ますよ。

ボイルされた毛がに

毛がにを買うときほとんどはボイルされた赤い状態ですよね。しかし、生きた毛がには茶褐色もしくは焦げ茶色をしています。生きた毛がにを見たければ舟に乗るか、生け簀をもっている寿司屋や居酒屋でなら可能です。毛がに食べ方でポピュラーなのは茹でたものを殻を剥いてそのまま食べる方法です。ほとんどの毛がには浜茹でといって水揚げ直後に大きな釜で大量のカニを一気茹でる方法をとっています。

 

少量のカニを茹でるよりたくさん茹でたほうが互いにダシが染みておいしくなるんだそうです。通販などで買ったときは冷凍状態で届くことがあります。そのまま自然解凍するのがよいでしょう。解凍するのにまた茹でたりお湯につけると味が落ちてしまいます。かにみそもそのまま食べるがおいしいです。殻に残ったミソを全部食べたいときは殻に日本酒をいれて飲むのが良いです。

 

旬のときにお店によってはお刺身で提供してくれるところもあります。ボイルしたのとは違うさっぱりとした毛がにを楽しむことが出来ます。ただし刺し身でいただけるのは脚の部分だけです。ミソが詰まった体はボイルされて出てきます。生とボイルを両方を一度に食べれるのでかなり得した気分になれます。毛がにの味がチョット薄いときは三杯酢やワサビ醤油などでアクセントをつけて食べるのもいいでしょうね。