北釧水産(釧路)の毛がに通販

ちょっと予算があるのであれば一番のオススメ通販店がこの「釧路北釧水産」です。毛がには「浜茹で」「まかない用」「活」の大きく3種類が用意されています。

 

 

贈答でなければ「まかない用」がオススメですね。味・鮮度はまったく正規の商品と変わりませんので自宅で食べるのでしたらコレです♪。我が家も一番のお気に入りが北釧水産のまかない用毛がになんです。

 

 

かにの剥き方 知ってますか?

かには美味しいですけど、剥くのは少し面倒ですよね。ですがちょっとしたコツで手早くキレイに剥くことができるんです。ここではかにの種類別に簡単な剥き方を紹介します。まずはズワイガニです。最初に足の付け根、関節部分をハサミで切ります。次にひっくり返してからふんどしを開いて切ります。かにのふんどしってあまり聞きなれない言葉ですよね。ここで言うふんどし、とはかにのお腹にある三角の部分のことで「はかま」とも呼ばれます。

 

では剥き方の話に戻りますが、次に甲羅を開き、エラ部分(ガニと言います)を切り取りましょう。この部分は食べることができません。それから胴をハサミで二つにしてから足の太い部分の薄い方を切り開きます。開いた殻はそのまま切り取って爪のところは二つ切れ目を入れると剥きやすくなります。では、茹でタラバガニの剥き方に入ります。タラバガニは固いですから軍手で行うと良いです。まずは裏返して、ふんどしの部分を開き切り取ります。さっきと同じく足の付け根、関節部分をハサミで切り、お腹を押さえながら甲羅をはずします。ガニを切り取ったら、胴をハサミで二つに切って、足に切れ目を2つ入れておきましょう。

 

そして爪などの部分は2つに切り開いておきます。最後に毛ガニの剥き方ですが、まずは裏返して足の関節を切ります。次にふんどしを切り、甲羅を開きます。この時かにみそがこぼれないよう気をつけましょう。かにを切り取ったら胴をハサミで2つにし、足の太い部分の薄い方をハサミで開き、足の細い部分は斜めに切り込みを入れましょう。

 

毛がにの冷凍保存は

寒くなってくると毛がにの時期という感じがしますね。今は冷凍保存方法がよくなっているので時期に関係なく毛がにを食べることが出来ます。それに流通経路がよくなっているのでその日に採れた毛がにが当日もしくは翌日には届くことが可能となりました。毛がにの産地の近くに住んでいなくても生きた毛がにを手に入れることも可能のようです。

 

生きた毛がにをネットなどで買ったときはだいたいが発泡スチロールの箱におがくずに埋まって運ばれてきます。生きた毛がにはできるだけ早く調理しましょう。人間だって数日間、飲まず食わずだと痩せてしまいますよね。毛がにだって同じです。飲まず食わずの時間が長ければ見が痩せておいしくなくなります。調理していない状態では腐敗が進んでしまいます。なので早めに茹でるなどの処置をしたほうがよいでしょう。

 

茹でた毛がにはすぐに食べたほうがよいですが残ってしまったら2〜3日は冷蔵庫での保管しても大丈夫です。2〜3日中に食べれないという場合はしっかりと冷凍保存しましょう。冷凍する場合はラップするのではなく濡れた新聞紙で丁寧にくるんでからラップを巻いてジップロックに入れます。しかし、冷凍庫での保管は2週間位が限界です。家庭用の冷凍庫では開け閉めが頻回に行われるので庫内温度が上がってしまうからです。一度解凍したものは再度冷凍するのは避けましょう。どんな冷凍食品でも再冷凍は味が格段に落ちてしまいます。一番なのはおいしいうちに食べきれる量を購入するのがいいですね。